ながつききよえの東都日報

allnude.exblog.jp ブログトップ

カナダ日記20131110~1118

教訓。成田の出国後、いちばん最初に目につく自販機がいちばん値段が高い・・・orz

わしが買ってしまった水は500mlで140円。だが、奥に何台もある自販機は120円~138円である。なぜ?
(同じ商品である)

何年ぶりかの海外旅行です。はい。すでにわしの頭の中にある知識はグレードがダウンしていました。
パスポートはどこまで見せるんだ? 搭乗口でも確認するのか? そうかそうなのか。
わし、ほんとに何年海外行ってなかったのか・・・たぶん、パリ以来か。
後ろに並んでいたリーマンたちに質問してしまったくらいだ。

それでも機内のひとになり、エアカナダの11時間の住人になる。ううう・・・11時間だ。
わしの座席担当はおじさまパーサーでステキです。タイバニのロイズさん系。なので、彼をエアカナダのロイズさんと呼ぶことにした。
しかし、飛行機ってどうして乗ると眠くなるんだろう。いつもうつらうつらしてしまう。あれはやはり軽く酸欠になっているからなのか。わからん。脳がクリアに働かなくなるのはわかる。

本日の座席は三人がけのの通路側。隣は空席だし、さらにそのお隣は女性だ。よかったー。
エコノミーのせっまい座席で、隣が異性だと気遣うことが多くてやんになるから。いや、同性の方でも気遣うけど、気づかいの濃ゆさが違うから。疲れるのは嫌だからなーと思ってしまうのですが、この座席なら大丈夫。わしを跨ぐひともいないし。わしも誰かの膝の上を跨ぐのは嫌だし。

定刻どおりランディング。しかし、定刻といえば、思い出した。愛用のブラウン社の目ざまし時計を持ってくるのを忘れてしまいました。まあ、しかたない。腕時計とかipodで時間を確認することになりますな。
そして、エアカナダのすげぃところは、給湯システムに不具合があり、温かい飲み物の提供ができないときっぱりアナウンスされたこと。あらかじめご了承くださいとは言うものの、えーと、何を飲めばいいのだ?
コーヒー、紅茶、緑茶はダメってことなんですよ。
気流は悪く、ドリンクサービスはまだまだ先で、ちびちびと成田で買った高い水を飲みつつ、小腹を満たすためにへいちょの公式おやつであるじゃがりこをぼつぼつ食べてました。
ドリンクサービスと機内食がほぼ同時刻に開始。
「ビーフ? チキン?」と言われたので「チキン」とゆってみましたが、どう見ても普段わしが会社へ持って行くような「つくねだんご弁当」でした。鶏つくねハンバーグにこんぶの佃煮、かぼちゃの煮物、白胡麻のかかっている白飯。なんかあまりにも普段どおり。つまらん。
オレンジジュースを飲みながらのお弁当です。食べ終わると、すかさず「ドリンク?」攻撃が開始される。
お茶が飲みたかったけど、あったかいのないんだよなー。つくね弁当(笑)なんだから、お茶飲みたかった。
選択の余地もないので、ハインツのトマトジュースを発見したので、トマトジュース。濃くておいしいです。

そろそろアリューシャン列島を横目にして、そろそろアラスカ上空かしら。北回りだとやはり早く感じるわ。
今回、機内の過ごし方として、ずっと本を読んでいました。
好きな漫画家さんが挿絵した本を一冊読み終えました。読んでは疲れるとうたたねして、また読んで。
その繰り返しです。
ミッドナイトスナックはカップヌードルが出ると楽しみにしてたんですが、お湯の出ない飛行機なので、フィンガーサンドイッチに変更になっていました。付いてたクッキーは非常食にするためにお残しです。
(旅の非常食って意外に大事です)

ipod 聴いてうたたねしていたら「朝ごはーん」。担当ロイズ(仮称)さんが「ジャパニーズ!!」とごり押しするので、何だと怪訝そうにしてみたら「ポリッジ」と言う。なんで、おかゆ? と思ったら、鮭フレークの乗ったお粥でした。熱い食べ物はそれだけでも美味しく感じるので、うまーと思いながらいただきました。米の味はどうでもなんですが、あったかいのがいいですよ。食べ慣れている鮭フレークだったし。丸パンとジャムバター、カットフルーツが付いてました。

カスタムフォームを記入していたら、そろそろ到着です。果たして「な」ちゃんと無事に会えるのでしょうか。

d0126474_15415015.jpg

[PR]
# by knagatsuki | 2014-02-17 15:41 |

ご無沙汰しました。

えーまったく更新してませんでしたね。すみません。気持ちはあったんですが、ツイとかと違って、長く文章を書くということがちょっと無理な状態になってました。精神的というより、日常的にというか(笑)。

まとめてざっくりという感じですが、近況とあと、去年の秋とお正月に旅したこととかのご報告をしていきますね。

10月にはばんぷすさんのハロウィンライブに。ちゃんとコスプレしたよ!! 進撃だけど(笑)。進撃はダイゴくんもやってたので、会場にもわし以外にも見かけたから「調査兵団にならないか?」とナンパしまくり(笑)。
わしはハロウィン用に黒猫耳つけたへいちょになりました。
ライブはとてもおもしろかったです。
ばんぷすさんのライブは参加する価値があるから楽しいね。

11月にはカナダ東部の旅行をしてきました。これは旅日記をうpしますので、しばしお待ちを。「な」ちゃんご夫妻にはたいへんにお世話になりました。ありがとうございました。

12月は冬至の深夜に祖母が亡くなりました。94才の大往生。94才のひとの骨の量とは思えない重量級のお骨を遺した祖母です。これはたいしたもんですよ。おばあちゃんとはなんだかんだと楽しく生活することができました。祖母の人生っていうのはある意味、小説ネタにできるものでして、取材が可能であれば、いつか形にしようかなと思っています。かなりすげえ。祖父もすげえ人生だったけどな。

そんなこんなで、年末までばたばたしました。クリスマス&兵長誕生日用に注文していたロールケーキを食べる時間もなく、届いた直後冷凍しましたもん。で、元旦に食べたという。おいしかったけど。

あ、冬コミケは参加しました。
こんな生活のくせに、タイバニ新刊と進撃の新刊(3種!!!)出した。すごい勢いだった。わしはエルリの民です。 ←らしいっすよね。わしがエルリってもう必然。エレンが苦手だからさー。
コミケの売り子ちゃん手伝いに入ってくれた、ほんだ先生といしだせんせいとちぃちゃん。ありがとう。
夏も抽選当たるといいなー。がんばるー。

紅白は「いぇーーーーがあーーーーっ!」わしも叫んだwww あとサカナクションで孤独に盛り上がる。

お正月 元旦は静かに家にいました。喪中ですし、祝うというのではなく、でも、新年からもがんばろうって気持ちでご馳走は食べることに。てっさとかカニとか食べました。うちはおせちというより、ふぐとかすき焼きになります。カニも好きなんで、カニの登場も多いかな。
こういうとき実家が飲食店っていいわーと思う。そんで、念願のエルリケーキ。
兵長の顔と団長の顔を斬らないように気をつけてナイフいれたよ(笑)。

2日は突然決まった山口、福岡新年会。
これはわしの通っていた法律の塾の同窓会新年会です。毎年、山口福岡組のみなさんが集まっていて、毎年わしも誘ってもらっていたんですが、今回やっと参加のはこびに。
といっても、先生入れても6人(笑)。
山口の湯田温泉に泊まります。居酒屋さんで呑んで食べて、翌日は防府天満宮など初もうでして、軽く観光。
天満宮では大吉のおみくじで、なんかいいことあるかもと。
(これが後日、やはり大ラッキーに。おばあちゃんがプレゼントしてくれたんだねって)
洞窟ニストとして、大の憧れである秋芳洞と秋吉台にも行けました。感動しました。これはまた旅日記します。

関門海峡も初めて渡りました。厳流焼(どら焼きだ)をお土産に買った。これは長州友のてぃーさんにもおすすめされていた和菓子。ういろうとかも山口は名物らしい。
福岡は福岡城に初めて行きました。官兵衛ブーム来るかな? 大濠公園もぐるっと一周したりして。
太宰府天満宮にも行ったんですけど、あまりにもすごい人々なんで、もうなにがなんだか(笑)。
この旅でも、現地の友 山口のKさん、福岡のYさん、Tさんにはたいへんお世話になりました。ありがとうございました。

帰宅して、履歴書作成に追われ(まあね、準備があるんですよ。4月から無職かもしれないんだもん)、エルリオンリーのイベントの準備して(ちぃちゃん、売り子さんきゅー。リンちゃん、またご飯しましょう)、寒中お見舞いのはがき書いて、夏コミケの申し込みしなきゃーとか言っているのが現在今日ここまで。みたいな状態です。

あ、年賀状を下さったお友だちの方々、ありがとうございました。こっちからは出せないけどよろしくね。


そして、二月は・・・なんと、「大吉でいいことあるかも」で、なんとプレゼントで特賞の仙台秋保温泉の旅が当たってしまい、さよさんと行ってきます。
新幹線もお宿も駅弁もついているんだよ。すごい内容にびびりました(笑)。ありがたいなー。
ちょうど、お掃除へいちょのフィギュアを仙台メイトさんへ取りに行かなきゃいけないので、タイムリー。ありがたや。
武将隊も久しぶりに拝見できるといいんだけどなー。スケジュールはいかがなものか。



そして、今年はほんとに勉強します。山口福岡でいろいろ教えてもらったし、冬コミケのときも両せんせいからいろんなことを教わったので、今後に生かしたい所存。

では、このあとの旅日記もゆくるりとあげていきますので、よろしくお願いします(・∀・)
[PR]
# by knagatsuki | 2014-01-20 00:59 | にちぢょう

これが日本のおふらんす料理

上野精養軒さんでいただきました。ひさしぶりのフルコース。森茉莉ちゃんが幼少のみぎりに味わったものも、食べてみたいもんです。


d0126474_10571790.jpg

海の幸サラダ仕立て 白板コンブともち麦添え 正油のドレッシング




d0126474_10583768.jpg

松茸のコンソメスープ




d0126474_1102446.jpg

パアァァァン(笑)




d0126474_1111755.jpg

すずきのパイ包み焼き ショロンソース




d0126474_1124244.jpg

マンゴーのシャーベット




d0126474_1133895.jpg

牛フィレ肉のステーキ フォワグラ添え マデラ酒ソース




d0126474_1152321.jpg

季節のサラダ




d0126474_1172195.jpg

デザート盛り合わせ コーヒーです。

精養軒のコーヒーはたいへんおいしゅうございます。ああいうコーヒーじゃないと!



上野精養軒さん、ごちそうさまでした(-人-)。美味しかったです。


ところで、今度、麻布十番wに
泉シェフのお店がオープンするんですが、楽しみです。美味しいお料理とお酒、また味わいたいです!!
[PR]
# by knagatsuki | 2013-09-22 11:11 | にちぢょう

上越へ ②

さて。
翌日は観光です。ホテルで朝食をいただいているときに、NHKのニュースでタイムリーにも謙信公祭行列の映像が!
宿泊のみなさまが食い入るようにテレビ観てる(笑)。うん、過言ではない(笑)。
チェックアウト後は迷いました。ホテルからすぐ近くにコメダコーヒーができたというし、直江津から乗る特急は13時台。午前中までたっぷり時間あるわー。
海べりまで行くと水族館があるという。林泉寺もこれまでちゃんとお参りしてなかったし、春日山も上までは登っていなかった。
どーしよっかなあ…
そんで、わし、この日は重大なミッションがあったんです(笑)。バニかず氏の出演される「デスティニー」という芝居チケットの某チケ販売会社分の発売日なんですよ。11時に販売開始なので、その時間にはどこか落ち着けるところで電話しなくては!
なので、腹を決めました。

林泉寺さんでお参り→上越市立水族館(ここで昼までゆっくりしながらチケを申し込む)→直江津→特急車内→帰宅

このスケジュールで参りましょう。

タクシーを呼び、ホテル前から出発です。林泉寺さんの山門で待機していただき水族館へ廻ってもらうというコース。よし、これで行こう!

d0126474_22352963.jpg林泉寺額



d0126474_2236557.jpg睡蓮や百合の花が綺麗なお庭。花の寺とも称されるらしいです。



d0126474_22374992.jpg確か大河ドラマでも使われてた山門天井裏の龍の絵。いろいろ龍図ってありますけど、ここのがなんかいちばん好きかなあ。




さあ、水族館です。大きな荷物を抱えたままでしたが、水族館のオフィスで預かっていただくことが可能というので、お願いしました。コインロッカーもあるのでサイズが合えばコインロッカーへ。切符をきってもらって入ると、いちばん最初にアカウミガメのこどもの水槽に目が。このカメさんは上越市内の海岸に漂着していて、助けられたそうです。後ろ足を少し欠損してしまっていて、衰弱していたようです。甲羅には長い藻がついていて、浦島太郎に出てくるイメージイラストの亀さんとか、おめでたい鶴亀絵の亀の甲羅ってこんな感じだよねーと思いながら観てました。亀さんはふぐとかと同じで人間に懐くようです。かわいいー。いつかは大海原に帰れるといいね。
おさかな餌付けショーとかやってたので観ました。ダイバーのおねいさんにエイたちが突進して、わんことかがやるみたいにおねいさんにキスして催促している。エイもかなり人間に懐くのだろうか。いや、しかし激しい突進だわ(笑)。



d0126474_224641.jpgペンギンプールのペンギンたち。暑いから、なんかもうだるそうでした。



d0126474_22481056.jpg幻のコツメカワウソくん。なんでも大阪から引っ越してきて、まだ環境に慣れないのでほとんど出てこないようですが、なんと、ちょっこし出てきて、水遊びしてくれました。かわいいなー。こういう子なら飼いたいなー。無理だ…orz



時間になったので、バニかず芝居チケットげとの電話をかけることに。だがしかしだがし…販売分は完売になっていた…どういうこと? うーんもともと数のない枠だったんだけど、そりゃないぜ。
ちょっとひゅーるりーひゅーるりーらーらーな気分になり、すっかり落ち込んで、なんだか疲れてしまいました。取れると思っていただけにショックが大きかったんですな。ううう・・・。
(がしかし、後日、ある方から譲っていただけることになりました。嬉しい。生バニかず。それも舞台)

水族館のカフェ(…売店)でコーヒーを飲んで落ち着くことにしました。ちゃんと陶器のカップで、お席まで持ってきてくれます。なんか申し訳ないくらいです。そんな高くないのに。コーヒーと昨日の行列のときに、久しぶりに会えたおともだちからいただいたお菓子などをいただいて、頭を冷やします(笑)。Mさん、ありがとー。
顔文字しょぼーんの謙信公ストラップも売店で買いました。おばあちゃんのお店番がかわいかった。
水族館の方々、ありがとう! みなさん親切だなー。新潟日報も頂戴してしまったし。

うん。落ち着いた。人間諦めも肝心よーとか強がり言いながら、時間になりつつあったので直江津駅に向かいます。またまたタクシーをお願いしました。駅までは近いのです。
駅で、時間つぶしのために少年ジャンプと丸干しイカを買う。このイカがいちばん美味しかった。すんごくしょっぱくて、酒のつまみにしかなんないんですが、わしはこれ好きで見かけると買うお土産のひとつです。



d0126474_2334328.jpg駅弁は、名物の鱈弁当、鮭弁当、かにずしと悩んだんですけど、わしはかにが大好きなので、やはりかにずしをセレクト。
車内に乗り込み、いただきました。おいしかったー。


上越のみなさま、ありがとうございました。上越がもっと栄えるようになるといいな。うん。

というわけで、夏の旅は終わりました。
[PR]
# by knagatsuki | 2013-09-02 23:11 |

上越へ

d0126474_1944827.jpg上越は謙信公祭へおでかけしました。やっと上越おもてなし武将隊を観た。よかった。おやかたさまー。

昨日は雨だったようなのですが、この25日は快晴です。土の場所はぬかるんでぐしょぐしょではありましたが、いまではそれも貴重な足触り。



d0126474_1995116.jpg春日山交差点でお友だちのKくんと合流。その後、Yちゃんも合流。Kくんは一眼レフカメラマンなので、夜中に都内を出発し、高速を休憩しつつ上越まで飛ばしてきて、朝にはこの春日山交差点に到着。ブルーシートや脚立を準備して、場所を確保していてくれました。脚立使用なので、後列をとるという気配りのKくん。それでもさすがカメラマンの嗅覚があるせいか、後ろなんですけど、とてもよい場所でした。
わしはGACKTさま記事掲載の上越タイムスのセットを注文したり、ポスター買ったり、グッズ買ったり、職場へのおみやげ「レルヒさんのカレー柿の種」買ったりして、なんだかとんでもない物量になってしまったので、一度ホテルへ戻りました。
ホテルは「門前の湯」さんです。すぐ近くにコメダコーヒーがオープンしたので、わしは次回もここにしようと決めた。マイカー以外は交通不便ではあるんだけどね。街中なんだけどね。上越だからね。
タクシーを使うしかないんです。でも使うために現金の用意もしてきたんです。だが、タクシー…どこ? なので、お祭り会場を循環するシャトルバスで、総合病院まで行ってみました。病院なら少なくともタクシー一台はあるはずと考えたからです。その考えは間違っていなかった。一台止まっていたので、ホテルまで行っていただきました。
買いものしたものをまたホテルに預けて、待っててもらったタクシーに乗り、春日山交差点へ戻りました。再びKくんと合流し、コンビニおにぎり(背後はローソンがあるのだ)で昼食。ブロック氷も買って、それを氷嚢に。溶けたらペットボトルへ移し、飲み水にするというサバイバル。
だって…熱いなんてもんじゃなかったんだもの。東京より湿度がないからいいんですが、その分、日焼けする暑さ。
ところが急に黒い雲が頭上に。Kくんはすばやく判断し、ローソンにゴミ袋を買いに行き、わしは雨用の全身すっぽり覆うポンチョ(雪山スキー用。安比高原で買ったやつだった)を着こんで傘をさして…とそしたら大粒の雨が降ってきました。いや、どしゃぶりというのか。
Kくんの荷物を無事にゴミ袋(上越市指定!!)に入れ、雨から保護。わしもリュックだったので荷物ごとポンチョで雨の中でしたが、衣服や荷物は無事でした。ホテルに大きい荷物とポスター預けててほんとよかった。
写真は「乱れ龍」の旗舞です。かっこいいなー。
GACKT謙信の行列が始まるまで、みんなで待ってました。
GACKTの写真も撮りましたけど、ここにはうpしません。あしからず。
いやー、かっこよかったですよー。黒い狩衣装束で、長髪の束ね髪。いちばん似合うやつです。
GACKTのバンドメンバーも従者役で登場してくれたので、思いがけない夏のサプライズプレゼント!
雨は行列が始まるころには止み、再び晴れ間が。さすがGACKT謙信。晴れ男ここにまかりこす!!

行列が終わり、合流できたYちゃんを含め、三人でお祭り広場にて、おだんご「謙信美男子」をおやつにいただきました。みたらしだんごです。おいしかった。
さて、次は川中島合戦再現を観るために移動です。ここもKくんが先にほどよい場所を取っていてくれました。場所とりはご遠慮くださいということではあるんですが、逆に場所とっていないと混乱してしまうので、有料の桟敷席を事前に予約するか、レジャーシートで常識の範囲で場所を確保したほうがよいと思います。
まあこういうことは臨機応変。場所取りはできないようであればしないほうがいいし、できるようであれば公共マナーの範囲でやる。喧嘩する話でもないですし。諦めることも大事。文句言ったりしないこと。譲り合うこと。

松明の光のなかでの合戦風景は幻想的でした。声優さんたちが声を(その声優さんたちもちゃんとお衣装つけてます)当ててくださるので、臨場感あふれるのです。



終わってからは、三人でご飯を食べにKくんの車で移動。ファミレスが無難な時間帯だったので、ガスト(笑)。
Yちゃんを直江津の駅に送り(隣県のご実家へ帰れるので)、Kくんはわしをホテルまで送ってくださり、ご自分はご実家で契約されている越後湯沢のリゾートマンションまで行かれるという。遅くまでありがとうございました。
タクシーどうしようと考えてたところだったので、ほんとうにありがたかったです。
わしは無事にホテルの温泉大浴場に入ることができて、ゆっくり寝ることができました。
お友だちのみなさま。ほんとうにありがとう。


つづく
[PR]
# by knagatsuki | 2013-08-31 20:04 |

小説書いてるながつき清惠が出会ったこと、いろいろ…


by knagatsuki
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite