ながつききよえの東都日報

allnude.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:旅( 82 )

いづも日記②写真

d0126474_14251215.jpg

                  経島です




d0126474_14261220.jpg

                日御碕灯台。まっしろです。




d0126474_14271254.jpg

                  青い日本海。




d0126474_14275862.jpg

逆光シルエットの灯台。スカイツリーみたい。そいえば、スカイツリーを建築されたかたは島根のご出身とか。
[PR]
by knagatsuki | 2013-02-11 14:30 |

いづも日記②

のんびり一畑電車に揺られて、出雲市駅へ。川跡という駅で線路を渡って乗りかえます。
薄暗くなってから、お気に入りのスーパーホテルさんにチェックイン。
なぜ、ここのホテルが気に行っているのかというと、なんとなく全館内が静かなのと、ベッドが合うから。
背が低くて広くて、和布団みたいな硬さがあるから。枕が選べるし。
(わしはぺったんこ枕じゃないとダメなのです。ぺったんこがない場合はもう枕はずしてしまいます)
キャンペーンで貯めてたスタンプが満了したんで、1000円のキャッシュバックが嬉しい。

お部屋に入るまえに、フロア貸出の雑誌コーナーで普段読まないファッション雑誌なんぞ借りて、お部屋で
読むことに。こういうサービスも嬉しい。図書館ホテルがもっと増えるといいなあ。
だがしかし…
なんかだんだん体調が悪くなってきました。
熱があがってきた? 悪寒も? ん?
ひどくなるまえにお風呂だと思い、フロントへ行き、ホテルの並びにある「天然温泉 らんぷの湯」さんの割引券もらって、さっさと行きました。
長湯もやめておこう。髪も洗わないで、身体を洗って温まったらさっさと出ようと決めて、逆にもったいない温泉の入りかたになってしまったのですが、救急車で運ばれるよりはよいでしょう。
赤い(というか茶色。赤さび色)お湯です。ヤマタノオロチ伝説な感じです。
浴場内はらんぷが灯されていて、薄暗いんですが雰囲気よしです。
木造な感じが出雲らしくてよいよい。あー今度はほんとにゆっくり入りたい。

島根の温泉では、やはり玉造温泉に憧れているんですが、いかんせん、独り旅だと受け付けてくれない旅館が多いのが残念です。星野リゾートに泊まりたいもんです(笑)。
独り旅でもゆっくりリフレッシュするために旅するんだから、ぜひ「独り旅」プランを検討ください、旅館各位。
(部屋小さくていいから。お金払うから)
お風呂から出て、敷地を横切ってホテルへ戻ります。
うーん…やはり夕食を外食するのは無理だなあ。つか、もう部屋から出たくないのが現状。
なので、羽田で購入しておいた万カツサンドとお風呂上がりに駅ナカコンビニで購入したヨーグルトを食べて、
夕食終わり。
ほんとは、お肉とか島根の美味しい魚介類とかあるような居酒屋さん、料理屋さんに行こうと思ってたのにな。残念でなりません。
念のために持っていた解熱剤(というか頭痛薬か)を飲んで寝ます。つか、まだその時点で19時くらい(笑)。
わしは旅に出ると早寝になるんですが、まあそれでよかったみたいです。
けれども、最近、つらつら寝たり、なんだか寝付けなかったりの繰り返し毎日なもので(これね、たぶん仕事ストレスだと思うんだ。かならず5時に一度、目が覚めてしまうし…)、この夜もそんな状態。
それでも朝。まだ夜明け前に目が覚めて、身支度して、朝ごはん。
スーパーホテルさんは朝食無料サービスなので利用させてもらってます。
しじみのお味噌汁が嬉しいです。ごはんとサラダとれんこんとかごぼうをたくさん使った筑前煮、かわいらしいオムレツたまごやきとかチョイスして、ちゃんと食べました。食後はコーヒーもいただいて、持参したビタミンCを飲んで、二日目の行程スタートです。

今朝は駅前バス乗り場から、大社経由日御碕へ参ります。
出雲の海を観に行くのは初めてです。
そして、ものごっついパワースポットだと噂される日御碕。
白い灯台もある日御碕。
…バスの乗客はわしともうひとりの男性。地元の男子が(高校生かな)が途中で乗ってきて、男性もその男子くんも途中で降りてしまったのですか、ともわれ、路線バスの旅スタートです。もう気分は蛭子さん(笑)。
大社さんのバスターミナルから、東京から来たと思われるおねいさんが乗り込んできて、海岸線の道路をバスは走ります。ほんとに路線バスの旅になってきた(笑)。
日御碕までの道筋はリアス式とはまではいかないんでしょうが、海岸べりなのに山道を登って行きます。道路工事していたり、新しいショートカット用トンネル工事していたりで、場所によってはなかなか難路に。
でも、朝日に輝き眩しい海原はどこまでも青くて美しいもんです。
終点日御碕に到着しました。安全運転ありがとうです。
バス停のちょい先に見えてきたのが、日御碕神社さんです。
スサノオノミコトとアマテラスオオミカミを祭ってあるそうです。すんごいパワースポットらしいのですが、わしの体調までは治してくれないらしい。でも体調最悪ではないんですよ。歩けるし、綺麗な風景を見やる余裕もある。
お参りして、境内を廻って、さて、次は神社の裏へ。
経島(ふみしま)という無人島があります。もともと神社はこちらにあったそうですが、今はウミネコがみゃーみゃー五月蠅い(笑)島です。繁殖地で天然記念物らしいです。ウミネコ眺めて、遠くから島全体をお参りして、さて、軽く坂道を登り、日御碕灯台へ。
途中は海の観光地らしく、海産物のおみやげとか綺麗な貝殻とか売ってるお店(というか民家)が並ぶ坂道をゆっくり散策。民家が途切れたところで、灯台がスカイツリーのごとく現れました。
周囲は遊歩道になっているので、歩いてみます。遊歩道の下はもう岩場なんですが、釣り人さんがいらっしゃいました。今は何が釣れるのでしょうか。
わししかいなくて、灯台独り占めな気分です(笑)。写真とか撮るにはいいんですよね。誰もいないってのは。
しばらく海の風景を眺め、また坂道をだらだら戻ります。途中の海産物屋さんで、キスとカレイの干物を安くしてもらって購入。これは我が家へのおみやげ。(バッグの中が干物くさくなりましたが、いいのです)
ウニとか食べたかったんですが、まだランチの時間じゃないんですよね。
なので、そのままバス停へ。
けれど、戻りのバスまで30分ある。バス停の前のお土産屋さんのおかーさんにすかさず声をかけられ、まあ寒かったし、コーヒーでもと思いましたが、手づくりだという甘酒をいただきました。美味しい。麹のつぶつぶも入ってる。家庭の甘酒ですね。これはいいです。パス券も買えるというので、こちらで購入させていただき、バス停のトイレも入っておき、さあ再び路線バスの旅です。

今度は路線バスを途中で降りてみますよ。

続きます。

写真は「いづも日記②写真」に載せます。
[PR]
by knagatsuki | 2013-02-11 13:38 |

いづも日記①

d0126474_057123.jpgへこむ毎日ではいかん!と奮い立ち、出雲大社へ初もうでに赴きました。
がしかし、羽田空港へ行く前になんとなく風邪を引いたっぽい…気がするんですが。機内でサービスしてもらったコンソメスープで元気だす。あと、用心のために、搭乗の前に万カツサンドと水を買っておいた(これが正解だったのはホテルに到着してからである)。
出雲空港へは予定時間より少し早く到着し、さっそく大社経由玉造温泉行きの空港バスに乗りました。バスの乗務員さんがなかなかのガイドっぷり。途中の民家で見られる生垣についてだとか(防風のための松木を北側とか西側に植えるそうです)、出雲ドームが見えてくると「木造です」と説明。出雲ドームすごいな。さすがは大社造りをしちゃうお土地柄だな。それから、このへんはぶどう畑が多いんですよとか。
退屈しないで大社前まで行けました。

新しくできた横丁風のお土産ショップが並ぶ施設のコインロッカーに荷物を預け、さっそくお参りです。祓社でまずは潔斎。お水場で清めて、仮本殿前にてお参り。今回はちゃんと柏手は四回。おみくじとお守りも買ってみた。お願いするよ、出雲の神さま!!



d0126474_114651.jpg今回のお供はばにーちゃん。うさぎなので。
博物館にもふらふら行ってみたんだが、ランチしたいなと思い、まずはカフェを覗いたんだが…。ベーグルサンドとかの気分ではなかったし、ここはやはり出雲蕎麦とぜんざいだなw と。なので、コインロッカーのところまで戻りました。んで、釜揚げを食べます。かけそばと思っていただければ。美味しかったです。お店のかたとも少し交流して、つぎはぜんざいを食べに行きます。ぜんざいとコーヒーのセットを。あずきって美味しいね。

自分みやげにはローズクォーツでできた「かっさ」を。わしはこれを撫でるマッサージに使うんです。首筋とか腕とか、まあ、肩? とか。別に出雲の名産というわけではなく、東京でも売ってるとは思うんですけど、意外にこういうときにしか買わないもので(笑)。
撫で撫でするとよいですよ。



d0126474_122304.jpgちょうど夕刻。畑電出雲大社駅のステンドグラスが美しい。これから、バタデンで市駅へ戻りますよ。でんしゃ大好き。








続きます。


新しくできた大社正門前の施設は「ご縁横丁」(笑)
おそばをいただいたお店はそこにある「そば庄 たまき」さん
ぜんざいをいただいたお店は少し歩いて、「日本ぜんざい学会 壱号店」さん
「かっさ」を購入したお店はたぶん「たまゆら」さんだと思われますが、間違っていたらごめんなさい。
ちょっと大社前さんがかなり工事中でして、お店も以前のデータと違っています。
[PR]
by knagatsuki | 2013-02-10 01:26 |

再びエーデン。出町柳まで。

d0126474_21534960.jpgエーデンです。のんぴり揺られていくことにします。鞍馬山ともお別れだわー。しかし、気持ちのよいお山でした。さすがパワースポット!!



d0126474_21561915.jpg居眠りしちゃったから、気が付いたら一乗寺あたりであっという間に出町柳駅でした。



さて、せっかく出町柳なんだから、「ふたば」さんでお菓子を買おう。今まで買えなかったからね。そもそも出町柳まではあまり来ない方向でした。

豆餅(江戸の大福だね)と田舎大福(江戸でいう草餅)を買って、我が家へのおみやげです。

百万遍には京都大学のキャンパスがあります。なので、京大ショップに寄ってみようと思いました。
がしかし、守衛のおじちゃんに訊いたらもうクローズの時間だと。確かに日曜日。早くクローズしてしまうのだそうです。そりゃそうだな。
京大ショップはまたの機会に…

時間はまだ16時を廻ったところ。どうしよーかなーと思ったけど、やはりここまでで疲れたようです。
もう京都駅行っちゃって、持っている時間の新幹線より早いのにしてもらうかなと考えました。
がしかし、もう近い時間のは満席というので、18時台まで待つことに。

京都駅地下にあるイノダさんでコーヒーを飲み、時間をつぶして、途中地下街のかわいいもの系のお店の閉店(これはまぢな閉店のようでした)セールで、マリメッコのバッグ類が30%くらいになってる。買おうかどうしようかさんざん悩みましたが、断捨離せにゃならん自分の持ち物や部屋の状態を思い出し、「今は買っちゃなんね」言い聞かせて、地下街を離れました。

伊勢丹でも漬物(しば漬けとすぐきが定番!)と高級料亭のお弁当(今回は和久傳さんの鱧ちらしに)を買って、青物コーナーで水ナスを見つけたので買う。水ナス大好き~。
あと、駅コンコースのところにあるショップ(小さなスーパーみたいな)で、お友だちが以前、勧めてくださったグレープフルーツのプリン。

それらをいろいろ持って、新幹線車中となりました。

あー、京都は楽しいね。ほとんどお使いだけどね。実家の墓参りだけどね。

というわけで、この夏の京都への旅は終わりましたとさ(・∀・)
[PR]
by knagatsuki | 2012-08-26 22:14 |

鞍馬はタイガーだったw

d0126474_23234462.jpg義経堂です。ただいま、我らがGACKTくんが「義経」を絶賛公演中なので、みなさんよろしくねー。だけど、ここにもかなりでかい危なそうな蜂がぶんぶん飛んでいたので、近づけませんでした。こわいよー。この距離でいっぱいいっぱい。

有名な「木の根道」とやらも歩いてみました。足元を救われそうになって、転んだらたいへんだなーと。

今まで登りだったんですが、気が付いた! ここから先は下るだけ(・∀・)

わし勝利。らくちんらくちん。このままケーブルカーも不要だわと。



d0126474_2330345.jpgそして、気が付いた。鞍馬寺さんって、虎だったよ!! やはり前日、バニー神社に行ったのはあながち…(笑)。 これでまぢにタイバニ詣でが完了。




d0126474_23324684.jpg義経さまのご縁日って九月なのね。



d0126474_23343045.jpg由岐神社山門とご神体の大杉。かなりいい感じ。



d0126474_23352976.jpg魔王の滝。がくち、滝に打たれて修行してみました。生たまごのお供えがある。やはり烏天狗だからか?





下り坂をとっとと降りて、金剛杖さんありがとーと別れ、お土産屋さんなどが立ち並ぶ「鞍馬駅」前に。
ここから、くらま温泉さんまで無料送迎バスに乗って、楽しみにしていたお風呂です!

ちょうど二時間以内で貴船から鞍馬へと無事に横断しました。お昼どきです。

くらま温泉さんに「日帰り入浴プラン」でチェックイン。

さっそくランチを。

地鶏南蛮のおうどん。おいしかったー。関西のうどんは出汁がまた江戸とは違うので、たいへんにうまし。

おうどん食べてから、さっそく汗だらけのTシャツを脱ぎたくて、大浴場直行です。

あーお風呂はいいねえ。

このプランだと大浴場もロッカーもサウナも露天風呂も使えます。

青空の広がる露天風呂を満喫。だが、天気よすぎてぜったい日焼けしそうだから、とっとと屋内へ。

たっぷり楽しんだあとはそろそろ帰り支度を。

ちゃんと着替え持ってきてよかった。他の大きな荷物は朝、ホテル出るときに宅配に出したw

さあ、街中へ戻ります。


つづく
[PR]
by knagatsuki | 2012-08-24 23:47 |

蜂に追われた鞍馬山

そもそも…

わかっていたはずです。

山の中に入るんだから、香水系の化粧品と黒いものはNGと。

なのになのに。そのふたつの禁じ手を。

しっかりしてしまったわしはほんとに馬鹿なんじゃなかろうか。

気に入っている無印のヴァーべナのボディミストを朝の身支度のときにさっぱりしたくてひと吹きしてきたんですよ。

そして、お楽しみくらま温泉に入ってから帰路のための着替えを、黒いショッピング袋に入れていたわけです。

お花の匂いさせて。黒いがさがさ動く袋持って。

ばかですよ。

貴船から鞍馬山への登り道。道じたいはまあ大変な登りでしたが、覚悟のうえなんでいいとして。

途中から一匹のかなり大きめな蜂に好かれて…

そいつが付いてきたんですよ。そのうえ、肩や腕に止まったり、ジーンズの足元に止まったり。

なんかちくちくする? なんかついてる?

意外に敏感にわかるもので、わしの身体に蜂が不法占拠。

それも魔王殿に着いたとたん、ますます離れないの。

もう大騒ぎ。ぎゃーぎゃーわめいて、魔王殿にたどり着いた他の参拝登山客さんに身体についてないか、見てもらったり、払ってもらったり。

わし、黒い袋を大騒ぎしながらも片づけて、蜂を刺激しないように遠ざけた。

やっとの思いで離れてくれたときには、もう魔王殿に浸っていられる状態ではなくて(笑)。

せっかくの超パワースポットなのにろくにお参りもできずじまい。

d0126474_2343068.jpgやっと写真だけは撮った。そして、たぶんこの大騒ぎでバッグの金具が壊れて、ストラップを落っことしてきた。茶色い合皮の紐みたいなのを拾われたかた! それはわしのです(笑)



d0126474_237988.jpg歩いたよー。よく歩いたよー。さて、ついに鞍馬寺に到着なのです。






つづく
[PR]
by knagatsuki | 2012-08-23 23:09 |

貴船へ

※この記事をうpしようとしたとたん、ぜんぶ消えてくれたいんたねっとえくすぷろーらのばかっ
 おんなじのは書けないかもしれない。つか、書いた時間を返してほしい。IEめ。
  簡易版で書きます。あーもーめんどくせえ。



本日は早起きして、貴船鞍馬の横断トレッキングです。

エーデン出町柳駅から出発です。景色のよい単線の電車っていいな。エーデンとか嵐電大好き。

貴船口駅で降りました。 貴船神社までバスがいいかと思ったんですが、ウォームアップのつもりで歩いちゃいました。歩けるもんです。1キロから2キロはあるのかな。

d0126474_21164767.jpgお天気よくてよかった。出雲系なんでしょうか。わしとは相性がよさそうな神社さんです。



d0126474_2118131.jpgせっかくだから奥の宮まで行く。途中の結の社にも寄ってみた。縁結びらしいです(笑)。





川床料理屋さんを横目に、鞍馬寺西門からトレッキング開始です。
愛山費として200円お納めください。
受付のおねいさんが金剛杖持って行ったほうがよいと教えてくださったので、それに従う。そのとおり、本当に持っててよかった金剛杖(笑)。


貴船から二時間以内に鞍馬へ到着できればいい。腕時計で時間確認して、スタート。



d0126474_212228100.jpg赤銅色のこがね虫系を発見。正式の名まえはなんていうんですか? コガネムシじゃない? ごみむし? 鞍馬山でしか見たことないんですが、たくさんいまして…。普通にいる種類なんですかね。まあ虫は苦手なんでいいんです(笑)。






さあ、ご褒美のくらま温泉目指します。


つづく
[PR]
by knagatsuki | 2012-08-22 21:24 |

京都の夏旅

一年ぶりの京都です。

朝はのんびりと新幹線。ゆーきゅんそっくりなひとが乗客にいるが、まさかご本人? なわけないと
思いつつもご本人かもしれないほど、わしの知っているかんじのゆーきゅんであった…
真相はいかに(`・ω・∩) 「本人かも」という話もガク友からは上がった(笑)。

さて、我が家のお墓参り。ちょうどわしの行く前の週あたりに叔母夫婦が墓参してくれたので墓所はキレイ。
すこしだけお掃除して、割れていたというお水碗を新しく換えて、お花とお線香を供える。
今年はお天気がよくてよかった。

(がこの後、京都はゲリラ雨)

バスと地下鉄を使い、三条へ。

晦庵河道屋さんで冷麦を。なんと生麺なんですよ。つるつるもちもちで冷麦の常識を覆す美味しさ!!

d0126474_22453452.jpg 辛子を麺つゆに溶かしていただきます。わしは麺に乗っていたすだちも麺つゆに投入。うまし(・∀・)
あと、「しんじょ」を食べてみました。揚げ物なのかしらと思ったら、いわゆる蒸す前の「かまぼこ」です。テリーヌですわな。これもまたうまし。
これでそれなりにお腹いっぱいになってしまったので、スマート珈琲さんのホットケーキはあきらめました。
お店の前通りかかったら、お客さん並んでたし。ちょうどよかったのかな。



今回のテーマは「今まで通り過ぎてたか興味なくて行ったことなかった京都」です。

なので、せっかく三条なので村上開新堂さんを見つけて、ロシアケーキを買おうではないかと。
今まで行ったことなかったので、「おそらくこのへん」といううろ覚えウロボロスな記憶を頼りに…。
よかった。ありました。
ロシアケーキの種類はもう全部ない時間帯でしたが定番ものは買えたからよかったです。
バラで袋に詰めてもらいました。これは個人的おやつにするんだ(笑)。贅沢。

ちょうどホテルにチェックインする予定時間になりましたので、ホテルへ。
熟睡できる(わしにとって)ホテル、スーパーホテル四条河原町さんです。
お部屋に入り、余分な荷物を置いて、再びお出かけ。

初めて行く神社さん。岡崎にある東天王岡崎神社さんです。
わしはバニー神社と呼んでいる(笑)。なぜなら…



d0126474_2313414.jpg狛犬がうさぎさんだから。うさぎのお守りとかうさぎ土人形おみくじとかいろいろあります。うさぎさんの神社なんですよ。だから、バニー神社w




だんだん空模様があやしくなり…



d0126474_2341688.jpg


鴨川を渡るときの空。そしたらゲリラ雨になりました。わしは大変な雨量や雷のときはタイミングよく屋根の下やバス車内であったので助かりました。よかった。

四条河原町に戻り、家族に頼まれていたおみやげものの購入ですとか、寺町商店街や新京極、錦市場などで個人的なお買いもの。

一度、ホテルに戻り、着替えて、夕ご飯。

三嶋亭さんでオイル焼きのコース。それこそ清水舞台で大贅沢。だが、なにも三嶋亭さんじゃなくてもよかったかもしれない。だってもっといろんなお店があったんだもの。
うーん…今度は違うお店でごはんにしようっと。

早めにすませたので、防虫香を買いに石黒香舗さんへ。お店が開いててよかったです。一袋買って、ホテルへ戻ります。

新京極にあったゲーセン(かなり大きいとこなので目立つ)のクレーンゲームを物色していたら、お店のスタッフさんが親切にしてくれて、「かわいいなー」と思っていた顔文字くんアルパカ着ぐるみをゲットできました。スタッフさん、ありがとう。そしてありがとう!



d0126474_23262284.jpgこの子です。かわいい。


寺町行ったり新京極ふらふらしながら、途中のスタバでホットコーヒーをテイクアウト。ホテルの温泉利用の時間まで一時間ほどあるから、お部屋でコーヒー飲むことにしました。



d0126474_23285660.jpgたしか寺町にあった歯医者さんの提灯。歯医者さんだけに歯のかたちの提灯。ステンドグラスみたいな柄も小粋です。きれい。

ホテルの温泉というか大浴場はお湯も熱くて、快適でした。

おやすみなさーい。明日は初の貴船鞍馬を横断攻めです(笑)。





つづく
[PR]
by knagatsuki | 2012-08-20 23:37 |

うましものとおかいもの(・∀・)

仙台駅前に戻りました。エスパルですよ。

様々なお店があるんですが、笹かまぼこ買おうと思って、石巻の白謙さんのを買いました。とても美味しかったし、お店の感じがよかったです。今度もここで買いたいです。
それから支倉焼きをばら売りので。おいしいです。



d0126474_014311.jpgこれが亘理のこんにゃくです。1.3kgありましたよ。とても美味しい。またご縁があったら買いたい。これ、ぶらさげて城址に行ったわし。



d0126474_01744.jpg博物館で買った伊達星紋の風呂敷。彩そえる しまぬきさんで買った玉虫塗の小箱。アクセ入れてます。この月のデザインがいいの。



d0126474_0194033.jpgすし哲さんでにぎりを。シャリは小さくしてもらった。実は牛タンがまだおなかにある感じがして、まだお腹いっぱいでした。でも完食。



d0126474_0214378.jpgデザートのお店てづくりラフランスのソルベ。美味しかったですよ。








帰りは予定の新幹線より出発時間早いのに変更。
さすがに満足したし、いろいろ観たしいろいろ学んだので、少し疲れました。

また行こうって決意そして決意の旅でしたよ。今度はもっと奥へ奥へとね。


いまだ復興ままならないのですが、一日も早くみなさまが安心して生活できるように協力したいです。

旅をさせてくださってありがとうございました。

武将隊のみなさま。ありがとうございました。みなさんがおもてなしをしてくださることがどれだけ観光客には心強いことか!!


東北、奥州。奥の細道は奥深いものですよ。
お時間のあるかたは各温泉にもどうぞお出かけください。
ゆったりまったり大事(・∀・)b




おわり
[PR]
by knagatsuki | 2011-12-04 00:32 |

城址をあとに…

d0126474_23422485.jpg

             伊達武将隊のみなさま勢ぞろい!! かこいい~。


さて、日も暮れて参りました。そろそろ城址をあとにいたします。

武将隊のみなさまを仙台青葉城址で拝見するという野望(笑)も叶いましたし、
お暇せねば。

しかし、ここで悩み発生。

武将隊から「松島のらいとあっぷが本日までじゃ。廻られてはいかがかの?」という提案。

行けないことはない。帰りの新幹線はかなり遅い時間の予定だ。

だがしかし…

よくよくお話を訊き、いろいろ確かめてみるとこれから松島海岸駅~仙台駅往復は無理かもと。
まだまだ鉄道が便利ではありません。
仙台泊でお宿をとっていればまだしも、新幹線出発時刻との闘いはお勧めできないと。
ゆっくり観光どころではなくなりますよね。

なので、松島…。未練はありますが次回のお楽しみにしました。

そして、金華山のお話を隠密・空さんかられくちゃあ。

金華山は三回お参りすると、一生お金に困らないとのこと。

行かなきゃ(笑)。 そういえば大昔、家族で金華山までドライブしようとして、タイムアップ挫折した(笑)。
だから我が家はお金が貯まらないんだな(笑)。

さあ、みなさま。ニューパワースポットですわよ。奥州は金華山。どうぞ参られてくださいな。






d0126474_23524012.jpg震災のときに折れてしまった記念碑。確か、鷲系の鳥デザインの青銅製オブジェがついてた。折れたままにまだ修復できません。今は道路ですとか石づみ、ノリ面の修復が先ですね。まずは安全第一。
武将隊のみなさまも危険個所チェックは怠らないようです。




d0126474_2358670.jpg帰り道の紅葉…秋です。
















つづく
[PR]
by knagatsuki | 2011-12-04 00:04 |

小説書いてるながつき清惠が出会ったこと、いろいろ…


by knagatsuki
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite