ながつききよえの東都日報

allnude.exblog.jp ブログトップ

ご縁というもの。

島根から東都へ戻る日です。

あまり早く寝たわけではないのに、けっこうぐっすり感を味わい
目覚めを迎えました。
時計を見たら、まだ7時前だった。
寝る前に一度、ホテルフロントへ行き、『八重垣神社』の行きかたを尋ねました。
そして、出雲空港へもお昼には行く旨を伝えたところ…
『よっぽど早出しないと、そのフライトと八重垣は無理』と教えていただきました。
うーん…そうかあ。明日のことはわかんないしなー。
朝ごはんをゆっくりホテルで食べてみたいということもあったのですが、
だいたい朝起きられるかなーと…。

そしたら起きれた(笑)。

なので、さっそく八重垣神社にバスに乗って行くことにしました。
荷物はすっかり宅配便にお願いして(同人誌のひとだし)
身軽になって行く。がっこのテキストだけは重いけど東都へ戻ったら
授業だからしかたない。1日持って歩くことに。
まだ胃が動いていないので、ちょうどいいやと思いながら
バスで十数分の八重垣神社到着。
参拝者は私ともうふたりのおねいさんしかいなかった。
わーい。一番乗りです。

d0126474_17155573.jpg『八雲立つ
出雲八重垣 妻籠めに 八重垣造る その八重垣を』

『すさのおのみことの詠ですね』
『プロポーズするのは昔も今も不動産持ちじゃねーとたいへんってやつだな』
『…すさのおさんは登記されたんでしょうか…』
『しらねーよ』



この歌の発祥地らしいです。
樹なつみせんせいのマンガに『八雲立つ』ってあったね。そういや。

そして、ここの神社には鏡池という有名な池があります。
おみくじというか占紙をいただき(お守り売り場で百円です)
それもって、本殿裏の森の中へ。
小さな可愛らしい池が森の奥にあります。
では、浮かべてみましょう。



d0126474_1729178.jpgなんだかどこの神さまも私をよーくご存知らしい。努力しないとダメなのね。だけど、努力すればいいわけね。じゃ、がんばる。
私の占紙は15分ほどでゆらゆらと池中へ沈んでいきました。
けっこう早くに願いが叶うのかもしれない。んじゃ、ますますがんばるよ。←単純(笑)。
ひとりでお参りできたので、心静かに祈ることができたのがよかったです。
私と入れ替わりにバスを一緒に下りたおねいさんが占紙を持って池へとやってきたので、
私は失礼することにしました。
おねいさんも写メしてたらしい。シャッター音がこだましてた。みんな写すよね。

(なので看板注意書きがありました。池の中にカメラや携帯電話を落とさないでください。
拾うのは困難です…みたいな。落とす人もいるようだ)



d0126474_17375246.jpg神社を出たバス停のところにやっとたくさん咲いている桜を発見。ほどよくバスも来た。バスの乗務員さんが岡准似でハンサムだった。





バスであっというまに松江駅前に戻れました。まだカフェでモーニングが食べられる時間帯。
なので、カフェ飯にチャレンジ。チーズトーストセット。1日ぶりのコーヒーだったので嬉しい。
空港行きバスが来るまで一時間ほど余裕があったので、駅で遊ぶことにしました。
市場もあったので、魚屋さんを覗いたんですが『昨日は荒れてたからあまりないよ』と
魚屋さんが言うので、確かにめぼしいものがなくお土産にはできませんでした。
いい真鯛とカンパチがあったんだけど、そんな大物は買えない。本物のシラウオも
あったのですが、値段もよくてお土産には無理。しじみを買おうと思ってたんだけど
しじみ見当たらず。さざえを勧められましたが、さざえはここでなくてもいい。

なので、我が家へのお土産は米子のおすし屋さんが作ってる、棹状押し寿司にしました。
これは正解でした。カニとサバと真鯛のを買ったんですが、美味しくて家族には大好評。
酢がちゃんときいてるのが我が家の好みなのです。

空港バスを待っていると、Gacktくんのライブでひとつおいて隣席だったおねいさんと
ばったり。そのかたは高速バスで関西方面へ帰られるとのこと。お疲れさまでした。
何人かdearsさんたちもバス停にいました。
そしてそして、行きのフライトで一緒になったおねいさんとまたばったり。
このときにGacktくんが私も泊まったホテルに泊まっていたのだと教えていただきました。
うわーやっぱりそうだったんだー。
おねいさんとは一緒にバスに乗り込み、出雲空港へ。チェックインする。
「また隣同士だったりしてね」とか笑いあってたら、ほんとに隣同士の座席でした。
すごーい。
そして、もっとすごかったのは…
2列後ろくらいにGackt jobメンバーさんたちが坐ったのです。
ダンサーさんと茶々さん。そして、YOUくん!! スタッフさんもいましたね。

「どうしよう。メンバーがいる」とこっそりおねいさんに伝える私。
YOUくんのほうを見て、静かに手を振ったところ、なんと目があって気がついてくれた。
にこって笑ってくれたので私たちも会釈してご挨拶。
この間、無言で目だけで微笑みあう私ら(笑)。

すごいご縁だわ。Gacktくんは一本前のフライトで帰ったそうです。残念。
トイレ行くとき、YOUくんを見たら、ぐっすり寝てた(笑)。正しい飛行機の使い方だ。

楽しくおねいさんとおしゃべり。羽田に着いてもメンバーさんたちと同じバスに乗る。
到着棟に着いて出口を出るとき、茶々さんとほとんど一緒に歩いてしまうことになったので
「お疲れさまでしたー」と小さな声で声をかけてみた。
茶々さんは「おつかれー」と静かに、やはり微笑んでくださったのでした。
YOUきゅんは荷物を預けていたらしく、バケッジのほうへ行ってしまわれた。

おねいさんとも「またあいましょー」とご挨拶してお別れです。

ああ。楽しかった。
やはり出雲にはご縁の神さまがいらっしゃる。
このご縁を大切にしたいと思いました。


おわり
[PR]
by knagatsuki | 2009-04-13 17:29 |

小説書いてるながつき清惠が出会ったこと、いろいろ…


by knagatsuki
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite