ながつききよえの東都日報

allnude.exblog.jp ブログトップ

ゆたんぽ。

Gacktくんのライブ。ビジュアライブというのですが、わたくしはそのために
ここ、島根にやってきたわけです。
午前中の観光からホテルに戻り、チェックイン。
広めのお部屋を用意してくださったということで、なかなか快適。
加湿器&空気清浄機の立派なやつが設置してあるし、タオルもふたり分あるし(笑)
なんと、フットマッサージャーの床設置タイプ(ようするにちゃんとしたやつ。家電系の)
は置いてあるしで、なかなかよござんす。ベッドも綺麗。
(あとから考えれば、なるほどGacktさんたちがお泊りしそうな…ビジネスホテル)

さあ、着替えなくては。
と言っても、ちょっとキラキラ系の服にしようと思っていて、スパンコールとかビーズ
とかがついているものです。
2列めの席で、きっとステージから見れば、きらきらして目立つ(笑)と
考えていたので。実際はそうでもなかったかもしれないが。

東都から持ってきていたGacktくんエコバッグ(はいどくんとかくろゆめくんとか
みたいなショップバッグっぽいほうがおしゃれと思うのに、Gacktおにいたんは
頑なにエコバッグデザインのバッグにしたがる。おしゃれくないと思うのに…。
でもちっちゃくたためて、拡げるとでかいので使えるんですけどね)
とフリフリ用タオルと腰のベルトにはシザースバッグとモバイルケースを
まるで軍服の腰ベルト物入れのごとく装着して、準備万端。

ゆはらんとだいじんはお留守番してもらうことにして、さて…。

また湖上の橋を渡る。とても寒かった。たぶんまだ寒いだろう。
部屋を見渡すと、ちょうど空になったミネラルウォーター奥出雲の水のボトルが
視界に入った。
そして、ちょうど沸かすポットで沸かしたばかりの熱湯もある。
ペットボトルにお湯を仕込んだ。
でへへ。ゆたんぽ完成。
中のお湯はライブのころにはお水になっているはずなので、それは飲み水に。
一石二鳥。
ダウンコートの懐にペットボトルゆたんぽを抱え込んだ。
これ正解。
胃のあたりにちょうどやさしい。
少し冷えていた身体もあったまってきて、よかったでした。
ペットボトル捨てないでよかった。

島根県民会館に急いで、まずはグッズを買います。
ご当地キーホルダー狙いですよ。
買えてよかった。
ご当地きてぃちゃんならぬご当地がくっち。かわいいの。
関東と東北と中国地方が手元にあります。だけど、行けてない北海道(これまたかわいい)
行くことができない沖縄(エイサーなんだよ?! わたしがそれもっていなくてどーすんのっ!)
いや、まぢに全国コンプリートしたかった。
欲しいなあ。
梅雨時のアリーナツアーではいっそのことセットにして売ってくれ。だめ?

キーホルダーも買えたし、まだ開場していないしで、いったん県民会館を出ることにしました。

京店商店街まで戻ることにして、美味しいコーヒーでちょっとひと休みすることに。
「珈琲館 京店店」さんです。

d0126474_0405965.jpgエスプレッソダブルとザルツブルグというケーキセット。コーヒーに飢えていたわたしなので、エスプレッソがたいへんおいしくて、
幸せを感じました。ザルツブルグと言う名まえなだけに塩スイーツなのかなと思ったら、そうではなかった。見た目がザルツブルグ…(笑)。でも正解で、これはたいへん美味しいケーキだったのです。ホワイトチョコのムースを薄いスポンジで包んで、削りホワイトチョコを飾る。中身のムースの中にはさらにフランボワーズが入っていて、ほんとうに美味しかった。甘すぎず、使っている油もチョコも質がよかった。ごちそうさまでした。



さあ、ライブですよ。
今回はどうしたって気合(気愛)をいれてかからなくてはなりません。
そういう理由が発生してしまっていたのでね。
(ファン以外のひとにはどうでもいいことなんだけどね)
「やってやろうじゃん。ライブに参戦するファンの姿を魅せてさしあげましよう」と。
島根県民会館へGOです。


つづく。
[PR]
by knagatsuki | 2009-04-09 00:54 |

小説書いてるながつき清惠が出会ったこと、いろいろ…


by knagatsuki
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite