ながつききよえの東都日報

allnude.exblog.jp ブログトップ

カエルは愛されていたという。

さて、松江に来たのですから
小泉八雲せんせいでしょう。
らふかでぃお・はーん氏。はーん先生。なので、へるん先生。
『怪談』で有名な作家でもあり、旧制中学(尋常中学ですか)の先生
でもあったおひとです。
帰化されて『小泉八雲』となりました。奥様は日本人、小泉セツさん。
そういえば新大久保のコリアタウンの真ん中に「小泉八雲公園」が
あったな。けっこうロマンチックな設計で、いつだったかどこかの
ビジュアルバンドくんたちがロケしていたくらい、ろまんちっく公園…。
へるん先生は松江のあと、東都にいらしていたらしい。

松江城のお堀端を歩いて、小泉八雲せんせいんちまで行ってみる。
お堀といえば、お船に乗って観光というのが松江の自慢なんですが
いかんせん…私はこんな船でも酔えるという体質なので、遠慮しました。
(そしたら、行きの飛行機で隣席したおねいさんがお友だちと船に乗っていて
私だとすぐに気がついてくれたのだとか。ね、すごいご縁でしょう?)

八雲せんせいんちは記念館と旧居というものがあって、あまり
ガイドブックを見ていなかったわたしは何気なく旧居のほうへ。
でも、それでよかったかも。

d0126474_2314072.jpgお庭を眺めるゆはらさんとだいじん。静かです。こういう日本家屋は大好き。住みたいなあ…。管理するのが大変そうだなあ…。でもずっと残しておきたい素晴らしい財産だと思うのです。こういうおうちで執筆できるのは羨ましいなあ…。




さて、旧居の対面にお土産屋さんがあり(和菓子屋さんが経営?)、なにげなくショーウィンドウを見た。
すると「睡蓮葉とカエル」のお皿を発見。
ええ? なになにこれ?
いちばん最初に脳裏に浮かんだのが、わが友さよさん。さよさんは自他ともに認めるカエラーさんです。
これはもう、さよさんに連絡するしかないでしょう。何秒後かには、さよさんに写メしてた(笑)。
間髪いれずに、さよさんからの指令。おつかいのお買い物決定~。私も自分記念購入です。



d0126474_23215248.jpgさよさんにも気に入っていただけたようです。これはお店の外からガラス窓越しに撮影したので、はっきり写っていなくてごめんなさい。これは袖師窯という松江地元の窯元生産品だそうです。もうここでしか作っていないらしい。


そんで、なんでカエルがモチーフなのかというと…。
八雲せんせいはさっき私が見学したおうちの庭池に棲んでいたカエルをとても可愛がっていて、
ときどき出てくる蛇に「カエルを食べないでおくれ。代わりに私の夕食の肉をあげるから」と
言いきかせて、小皿に肉を盛ってあげて庭においておいたくらい、カエル好きだったらしい。
そして、お机に置いておいたペン先などの小物を入れるお皿に、この「睡蓮とカエル」デザインの
お皿を愛用されていたそうです。
お土産屋さんで扱っているのは、そのコピー。だけど、地元窯だし。ここでしか見たことないし。
さよさんも「見たことない」と太鼓判を押してくださったので、よいお買い物ができたかも。

八雲せんせいは立派なカエラーだったのです。
なので、ゆはらんとだいじんは自信を持って、記念撮影に挑みました。



d0126474_23334647.jpg堂々とした感じ。











さあ、ちょうど昼食の時間となりました。
島根牛に行きますよ。しゃぶしゃぶですよ。
昨夜の反動か(結局、お風呂のあとでもそもそパンを食べた)、ほんとに食べたくて食べたくて、
この松江城からはナナメ反対方向にあるしゃぶしゃぶ屋さんに行くことにしました。
県民会館まで戻ると、楽屋口にはもう何人かのdearsちゃんたちが入待ちしていた。
ああ、そっか。もうGacktくんたちが入る時間だ。
だが、私は島根牛をとった(笑)!
Gacktくん、ごめんっ。とか、いったい誰に対して謝ってんのかわかんないまま、
私はその場を通り過ぎました。
だって、時間なくなっちゃうんだもん。しゃぶしゃぶじゃなかったら、待ってたんだけどね。
ごめん。Gacktさん。愛はあります(笑)。

松江市内縦断の旅が始まりです…。


つづく
[PR]
by knagatsuki | 2009-04-06 23:43 |

小説書いてるながつき清惠が出会ったこと、いろいろ…


by knagatsuki
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite