ながつききよえの東都日報

allnude.exblog.jp ブログトップ

超ろま~んちっくパリ旅行日報 #7

4月6日日曜日である。
『暗い日曜日』という唄があったが、この日、私はまだ夜明け前に
ホテルのロビーで途方に暮れていた。
外はまだ真っ暗というより夜である…。
なぜにこんな早起きしたかというと、今日はパリマラソンの日で、
私はオプショナルツアー『ロワール城めぐりツアー』に参加して、
そして夜はパリ市内で、Gacktくんのイベント(これはアコースティックライブ)に
参加しなくてはならないのである。
ぼーっと参加者さんたちをロビーで待つ。待っている間に朝食のお弁当が
配られる。欧州みかんとパン・ド・ショコラ、クロワッサン、オレンジジュース
というまことに味的にも偏りすぎたお弁当。だが、非常食は大事だ。
いつどういうことになるのかわからない昨今。
非常食はちゃんと携帯するに限るのだよ。

パスはゆるりとパリからロワール地方へと向かう。
どこまでも続く大平原。広くて山がない。
真っ暗な空がだんだん白んできて、明るい朝になってきました。

そして、ぼけていた私はここで正気に返った。

ゆはらさんと大臣を連れてくるのを忘れた・・・。


お弁当の紙袋のほかに、部屋から持ってきたエコバッグをぶらさげていたのですが、
どうしてエコバッグを持っているのだろうと思い、中を見てみると、車中では必要のない
めがねケースとミネラルウォーターのボトルが入っていて、ゆはらさんと大臣が
入っていなかったのでした。
私はふたりを連れていくためにエコバッグを手にしたはずだったのに。

…部屋に置いてきちゃったよ…

ゆはらさんと大臣がうなだれているのが目に見えるようだ。ごめん。ふたりとも。
かえるのぬいぐるみに本気で謝っていたのでした。

ああ…これで今日のロケはモデル不在。
それだけでやる気がなくなった。
ついでにケータイのカメラのデータがめいっぱいになっており、どちらにしても
撮影は困難に…。

ロワールに行くというのに。
美しい城、お館が待っているというのに。
ああ…つまらない。

だけど、車窓から見える木立の枝にまるで鳥の巣のような「やどりぎ」を
見ることができて、感動しました。
「やどりぎ」ってあんまり実物見たことないもんで。
大きな鳥の巣に見えるんですよ。

d0126474_0302654.jpg←それでも根性で撮ったロワール川古城の風景。お城の名まえは知らないです。

ついに『シュノンソー城』内を見学です。川の上に橋のように建てた(というか橋だった)お城。
というか、お館。城内のタペストリーなどは当時の本物で、間近で見ることができます。
なんで、ヨーロッパは壁にタペストリーなどを貼るのだろうかと疑問していたのですが、
すきま風防止だったのだというガイドさんの説明があり、やっと納得。
こんな石とかレンガ、しっくいだけの壁ではすきま風も入るし、冷えて寒いっすもんね。
暖炉に火が入っていて、なんとなく温かく、こんなこじんまりとしたお館なら住んでも
いいなと感じました。もちろん、メイドです。魔王さまのお世話するの(笑)。

お昼ごはんは、地元の名物料理ということだったんですが、案内されたレストランで
出されたものはガレットでした。
ガレット。
そば粉のクレープ。ハムとチーズをそば粉クレープで巻いてある。
前菜はクリュディデ。生野菜の盛り合わせ。
私はそば粉大丈夫なのですが、そばアレルギーのひととかは大丈夫なんだろうか。
ガイドさんは一言も料理については説明しなかったし。
周りを見回したが、そばアレルギーの方はどうやらいらっしゃらないらしく、
みなさんなんとか召し上がっていた。よかったよかった。
でも、ここのレストラン。食後のコーヒー、たいへん美味しかった。
エスプレッソなんですが、美味しかったです。
コーヒーを頼んだひとはあまりいなかったんですがね。
でも、私はこれで人心地がつきました。やっと和めましたー。コーヒー大好き。

さあ、あとはパリ市内に帰るだけです。
急がなくてはなりません。
なんといっても、Gacktくんのライブがあるのです。
パリマラソンでの交通に影響はなくなっただろうか。
バスは順調にパリ市内へ戻れるのだろうか。
乗務員さんの不屈の運転魂のおかげで、私たちは思っていたよりも早く
ホテルに帰ることができたのです。
嬉しい。よかった。ありがとう、乗務員さんっ!

部屋に帰っていちばん最初にしたことは、もちろんゆはらさんと大臣に
謝ったことです。
それから、ライブにお出かけする支度をしました。
(全員、朝からライブの格好して城めぐりしてたんですけどね)

ライブはもちろん素晴らしかったですよ。
会場は東都で言うと、ビッグサイトみたいなとこ。
一瞬、有明にいるのかと思ったぐらいよく似た場所だったですよ。
…フランスでコミケやるときはここを使えばいいのに…
名まえがわからないので、パリビッグサイトと呼んであげよう。

しかし、ライブ終了時には氷雨になっていて、ものすごく寒くて、
送迎バスに戻るまでたいへんでした。
部屋に戻れたのは真夜中。
幸福ですが空腹です。
東都から持ってきていた非常食、チョイスビスケットを2枚ほど
食べてごまかしました。
あーあ…パリ最後の夕食はビスケット2枚とロワールに行くときに
いただいたオレンジジュースだけだ…ちょっとせつない。

明日はもう帰国日です。帰国するだけに1日使うのですよ。
なんとなく物足りないので、再び早起きすることにしました。
最後の野望をかなえるわけです…。

(#8 に続く)
[PR]
by knagatsuki | 2008-04-25 01:10 |

小説書いてるながつき清惠が出会ったこと、いろいろ…


by knagatsuki
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite