ながつききよえの東都日報

allnude.exblog.jp ブログトップ

蜂に追われた鞍馬山

そもそも…

わかっていたはずです。

山の中に入るんだから、香水系の化粧品と黒いものはNGと。

なのになのに。そのふたつの禁じ手を。

しっかりしてしまったわしはほんとに馬鹿なんじゃなかろうか。

気に入っている無印のヴァーべナのボディミストを朝の身支度のときにさっぱりしたくてひと吹きしてきたんですよ。

そして、お楽しみくらま温泉に入ってから帰路のための着替えを、黒いショッピング袋に入れていたわけです。

お花の匂いさせて。黒いがさがさ動く袋持って。

ばかですよ。

貴船から鞍馬山への登り道。道じたいはまあ大変な登りでしたが、覚悟のうえなんでいいとして。

途中から一匹のかなり大きめな蜂に好かれて…

そいつが付いてきたんですよ。そのうえ、肩や腕に止まったり、ジーンズの足元に止まったり。

なんかちくちくする? なんかついてる?

意外に敏感にわかるもので、わしの身体に蜂が不法占拠。

それも魔王殿に着いたとたん、ますます離れないの。

もう大騒ぎ。ぎゃーぎゃーわめいて、魔王殿にたどり着いた他の参拝登山客さんに身体についてないか、見てもらったり、払ってもらったり。

わし、黒い袋を大騒ぎしながらも片づけて、蜂を刺激しないように遠ざけた。

やっとの思いで離れてくれたときには、もう魔王殿に浸っていられる状態ではなくて(笑)。

せっかくの超パワースポットなのにろくにお参りもできずじまい。

d0126474_2343068.jpgやっと写真だけは撮った。そして、たぶんこの大騒ぎでバッグの金具が壊れて、ストラップを落っことしてきた。茶色い合皮の紐みたいなのを拾われたかた! それはわしのです(笑)



d0126474_237988.jpg歩いたよー。よく歩いたよー。さて、ついに鞍馬寺に到着なのです。






つづく
[PR]
by knagatsuki | 2012-08-23 23:09 |

小説書いてるながつき清惠が出会ったこと、いろいろ…


by knagatsuki
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite